日本くらいだよ。バイトで生計立てれるのは。。ドイツを始めとしたヨーロッパではむりぽ。

coffee-951948_640私はドイツに移住するまで、日本で留学費をバイトで稼いでいた。家電量販店は時給が良いから、こそこそ残業しながら貯金して、ドイツへの夢をはせていたのだ。

しかしドイツに渡ってからは、バイトだけで生計を立てるのは非常に難しい。今はドイツの大学生になり、切り詰めてなんとかやっていけるが、日本のようにアルバイトで大人が生計を立てるのは無理である。バンドマンやお笑い芸人の下積み生活は日本だからこそできるのかもしれない。

そしてドイツ以外でもヨーロッパの国では不可能の所が多い。語学学校でいろんな国の人と知り合って、バイトの話になるのだが、みなやはり大人がバイトで生計立てるのは不可能と言っていた。ドイツもスペインもイタリアも無理だって。

日本も不況不況言っているけど、なんだかんだ生活できる。しかしイタリアやスペインのギリシャ危機以降の若者の失業率は半端ないし、ましてはバイトが出来ないのであれば、私達が想像している以上にこれらの国の景気は悪いのではないだろか?

【じゃあ誰がバイトするの?】

他の国はどうだか知らないが、ドイツでは学生、留学生、主婦はアルバイト・パートタイムジョブの働き手だ。どの人たちも5万円以上稼ぐと高い税金が発生してしまうので、様々な事情を考えると、その金額以上を稼ぐのが難しいのである。

しかし中には本業の収入の足しに、パートタイム・アルバイトをする人は多く、中には開業医の医者が収入が足りないという理由で、夜はバーテンダーとしてバーで勤務しているそうだ。定時に退社できるドイツだからなせる技かもしれないが。。。

ちなみにこのバイトで稼ぎが制限されていることやバイトで副業することをドイツ人はどのように考えているのだろうか?コメントを紹介したいと思う

・副業はいま増えているね。でも5万円くらいしか稼げないって悲しい

・数年前まで、職があって収入があってけど、家でダラダラできる生活だった。だけど暇すぎて、バイトもすることにした

・一般的には収入が少ないからバイトするんでしょ?一昔前の生活がおくれない彼らが不憫だ

・税金が高いのだから、政治家の悪を許さない

・バイト通して新しい発見があるのも事実。成長の場。

・年々、個人消費は上昇していて、一つの職の収入だけでは生活がしづらくなっている世の中かも知れない

・東欧ではまだマシな状態

・上限金額を超えて収入を得て納税から逃げてる犯罪者を見逃すな!

・副業して収入が少ない人は、自身の生活の根本を見直すべき

・税金のかからない、バイトは収入としてありがたい

・時間があるからっていう理由で副業を行うひとは稀だと思うな

・8時間働いた後、サービス業をする奴は狂ってるよ

・でもああいうバイトの労働のほうが楽しく見えうr

・時間があるのならバイトすれば良いんじゃないかな?

・私達って資本主義の犠牲者だよね

・私はバイトでの非課税の収入がなければ、私の生活はブレイクダウン

・すべては高い税金

・イスラム移民達によってバイトの場所すらなくなってきた

・あと年金額が少ない高齢者もバイトし始めてるね

・労働者の生活は年々ひどくなっていく一方、でも政府の支出も上がっているのはなぜだ!

【バイトとは】

日本だと、職業としてフリーターを選ぶみたいな所があるけど、こちらだと税金が引かれない、魅力的な追加収入みたいな感じで捉えられているんだろうね。だからフリーターとして生計している人と思われる意見みたいなのは全く見られなくなった。

しかし副業をもってようやく生活が成り立つような人が珍しくないのであれば、なんて住みづらい世の中になってきたのだろう。なんだか息苦しい話だ。

参考URL

http://www.welt.de/wirtschaft/article118919523/Noch-nie-hatten-so-viele-Deutsche-einen-Nebenjob.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です